外国為替のメリットを知り分散投資をする

0

外貨預金についてメリットを理解しましょう。
最大のメリットというのは日本円が持っているリスクを分散していくことができる点であったり、通貨で預金を行うことによって高金利の利息を受け取っていくことができるようになります。
ニュースを見ながらグローバルな観点でチェックしていくと、円はアジアの一つの通貨となっています。
円の価値が日によって暴落していくことがあれば、円建て資産は無意味なものに変わっていってしまいます。
リスクを回避するために外貨預金は有効で、投資の一つとして人気を集めています。

このように外貨預金というのは、通貨によって分散投資を行うことができます。
分散投資は一つの資産へ資金を集中させていくことによって、ダメになってしまった時に大ダメージを受けてしまいます。
そこで分散させて、いくつかに資産を分けていくとリスクの分散を行えるようになります。
預金や債券、さらに投資信託であったり株式などの商品別に分散をすることができるでしょう。
ただ大半の資産というのは円建てが基本です。
価値が万が一暴落してしまった場合は、保有している資産の大半が価値を無くしてしまいます。

一方資産の一部が外国為替だと状況が変わっていきます。
米ドルやユーロ、さらに豪ドルなどの外貨へと分散させていくことによって、リスク分散が可能となります。
外貨預金によって通貨を分散させていく投資はベストと言えるでしょう。
円建てによって投資を実施している時には、極論を言えば日本が破綻しても資産を保有することができます。
通貨分散は国内の資産を分散させるよりリスクが低くなっていますので、ヘッジとして十分活かすことができるでしょう。

これがインフレリスクに対して実力を発揮します。
一カ国の通貨がインフレで過剰に価値が動いていく中で、尋常でない損失を生んでしまうことがあります。
そこでリスクヘッジとして、多くの外国為替を持つことで対応できます。
また金利がつかない通貨以上に高金利の通貨をバランスよく所有すれば、安定した資産運用が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>