外国為替のメリットを知り分散投資をする

0

外貨預金についてメリットを理解しましょう。
最大のメリットというのは日本円が持っているリスクを分散していくことができる点であったり、通貨で預金を行うことによって高金利の利息を受け取っていくことができるようになります。
ニュースを見ながらグローバルな観点でチェックしていくと、円はアジアの一つの通貨となっています。
円の価値が日によって暴落していくことがあれば、円建て資産は無意味なものに変わっていってしまいます。
リスクを回避するために外貨預金は有効で、投資の一つとして人気を集めています。

このように外貨預金というのは、通貨によって分散投資を行うことができます。
分散投資は一つの資産へ資金を集中させていくことによって、ダメになってしまった時に大ダメージを受けてしまいます。
そこで分散させて、いくつかに資産を分けていくとリスクの分散を行えるようになります。
預金や債券、さらに投資信託であったり株式などの商品別に分散をすることができるでしょう。
ただ大半の資産というのは円建てが基本です。
価値が万が一暴落してしまった場合は、保有している資産の大半が価値を無くしてしまいます。

一方資産の一部が外国為替だと状況が変わっていきます。
米ドルやユーロ、さらに豪ドルなどの外貨へと分散させていくことによって、リスク分散が可能となります。
外貨預金によって通貨を分散させていく投資はベストと言えるでしょう。
円建てによって投資を実施している時には、極論を言えば日本が破綻しても資産を保有することができます。
通貨分散は国内の資産を分散させるよりリスクが低くなっていますので、ヘッジとして十分活かすことができるでしょう。

これがインフレリスクに対して実力を発揮します。
一カ国の通貨がインフレで過剰に価値が動いていく中で、尋常でない損失を生んでしまうことがあります。
そこでリスクヘッジとして、多くの外国為替を持つことで対応できます。
また金利がつかない通貨以上に高金利の通貨をバランスよく所有すれば、安定した資産運用が可能です。

外国為替を比較しながら投資する

0

FXを行う際には、取引を行っている業者に対して口座を開設していく必要があります。
ここで一定額を担保として預け入れることとなりますが、担保金を証拠金や保証金という形でくくっています。
外国為替全般を取り扱っている業者は色々とありますので、比較しながら決めていくといいでしょう。

そもそも証拠金というのは主に商品先物取引で利用されている用語となりますが、証拠金によって担保という形で預け入れている資金の範囲内で取引を行える仕組みができています。
外国為替を取り扱っている業者を比較する時、証拠金の金額をチェックしていくようにしましょう。
取引代金と別に証拠金は取り扱われていきますが、全額をやりとりしていくのではありません。

取引によって生じた損益分だけやりとりが行われていきますが、これが差金決済です。
実際に預けていく証拠金というのは、取引金額の10分の1から20分の1程度の金額となります。
これで売買を行うことができるため、証拠金取引は資金効率が非常にいいです。

外国為替の取引であるFXというのは、取引会社へ預けていく証拠金の数倍から、数十倍ほどの取引を行うことが可能です。
100万円の証拠金だとすると、10倍の取引がになるので、取引可能となる金額は1000万円となります。
レバレッジ取引ともいわれていますので、聞いたことがあるという人も多いことでしょう。
口座へ最初に担保金として差し入れていく資金というのは、取引証拠金と呼ばれています。

証拠金額が取引業者で異なる理由として、業者によって証拠金を自由に決めているという点にあります。
トレードを開始しながら変動する為替レートについて、為替差益が発生した時には取引証拠金に加算されていきます。
しかし為替差損は損失分が証拠金より差し引くこととなります。
これが有効証拠金といわれています。

有効証拠金というのは、取引証拠金に加えたりなくなってしまうため、不定期に金額が変わっていきます。
注意しながら取引を行いましょう。

外国為替の入門編 トラリピって何?

0

FX初心者向けにお話をさせていただく今回は『トラリピ』について話を進めていきたいと思います。

元々人間は感情によってとても左右されやすい生き物だと言われています。
特に外国為替は常に価格変動が起こっており、FXは一種のギャンブルだ!という例えを口にする方も居るほど、少ない資金でハイリターンを期待できる反面、実はその逆であるハイリスクという側面も同時に併せ持っています。
そのため、毎回FXを行う度に感情に左右されてしまってはせっかくの資産も台無しです。
そこで登場したのが感情に左右される事無く、自動的に売り買いを行う事が出来るのがトラリピなのです。

では、実際にトラリピとはどのような仕組みなのかについて話をしていきたいと思います。
トラリピには3パターンあります。
先ず、トラリピは殆どのFX業者でイフダン注文=IFDを行う事が出来ます。
このイフダン注文とはいくらになれば購入し、いくらになれば売るかを予め決めておくFXの中の一種のルールです。
そして、イフダン注文を単純に繰り返すリピートと、罠を書けるように異なる買値と売値を注文しておくトラップの3パターンがあります。
正式にはトラップ・リピート・イフダンと言い、自動売買システムになります。

FXを始めたばかりの初心者の方こそこのトラリピがお勧めだと言われていますが、その理由としては、日々秒刻みで変動をしている為替が上がるのか下がるのか?それらを読み取ることは容易では無く、予め価格を設定して売買する事が出来るトラリピを行いながらFXのより深い知識を得る事が出来るという点でお勧めだと言われています。
このトラリピ、極端な話、市場がオープンする主要国市場は日本の夜にあたるため、一つ一つを直接売買していく事は容易い事ではなく、夜も眠れなくなってしまいかねません。
そこで、夜も安心して売買する事が出来る自動売買システムのトラリピを利用するという事なのです。

熟練のトレーダーのように大儲けをすることはできないかもしれませんがその分、大損をしてしまうというリスクも低く、単価の設定をしておく事で後は極端な話、放置していても売買をしてくれるので、コツコツと資産を増やしたいという初心者の方には最適のシステムとなっています。

資産を守るための第一歩“外国為替”とは?

0

外国為替を利用した投資方法の一つであるFX.
元手が少なく、当たれば元手の何倍もの利益を生み出す事が出来る反面、その逆もあり得る事から、なかなか手が出ないという方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
実は為替に関しては右も左も全く分からない、そんな方へ向けたブログを開設FXをはじめる前にチェックしましたので、今後の参考になるような記事を少しでも多く書いていく事が出来ればと思います。
先ず、今回は入門編として外国為替とは何か?について話をしていきたいと思います。

外国為替=Foreign Exchangeは外為(がいため)とも呼ばれています。
為替とは手形や送金小切手などを賃借して決済するシステムで、外国為替とは異なる通貨の賃借関係を直接現金を贈るのではなく、“為替”とある様に手形や送金小切手によって振替決済を行う事を指しています。
ここでいう外国為替とは“立替”という意味合いで使われています。

この外国為替ですが、もう一つの意味合いを持っており、それが“交換”になります。
この交換は皆さんの中でも多くの方が知らない間に実は利用している事があるという事に気が付いていましたか?
海外旅行へ行く際に日本円から旅行先の通貨へ空港の中にある銀行窓口で両替を行っていると思いますが、これがもう一つの外国為替になります。

しかし、少し厄介とも思えるのが、異なる通貨間の交換=両替は常に〃一定金額では無いという事です。
通貨を交換するための為替市場というものが存在しており、毎日分単位、秒単位で常に変動をしています。
これが為替レート=外国為替相場と呼ばれている物です。
ニュースや新聞などでもよく耳や目にする“円高”や“円安”。
円対ドルで例えると、円高とは円を多く支払ってドルを購入する、つまりドルが高いという事になり、円安とは、少ない円でドルを多く購入する事が出来るという事で、ドルが安いという事になります。
1ドル100円の場合、1万円では100ドルを手にする事が出来ますが、これが1ドル90円の場合、手にする事が出来るドルは111ドル手にすることが出来ます。
この様な場合、前者が円安、後者が円高という訳なのです。

如何でしたか?
少し理屈っぽくなりましたが、今回は外国為替の入門という事でお話をさせて頂きました。

FXの基礎 ロスカットとは?

0

外国為替売買を行うFX初心者の皆さんの中で“ロスカット(損切りとも言います)”という言葉をご存知でしょうか?
今回はFXの基礎編としてロスカットについて話をしたいと思います。

ロスカットとは、証拠金維持率100%以下、含み損になった場合、さらに損失が膨らむ事にならないよう、全ポジションについて自動的に強制決済が行われる事を言います。
また、未確定な新規注文があった場合にはシステムが自動的に検知するため、新規注文を取消し、それでもまだ証拠金維持率が100%以下の場合にはロスカットが施行されます。

万が一このロスカットルールが設けられていなかった場合、FXの性質上、レバレッジが掛けられるため、実際の預入額を大きく上回ったハイリターンを期待できる反面、その逆であるハイリスクも起こり得ます。
そうなると、損失額は保証金額を大きく上回り、預入資産を全て失ってもまだ足りないという事になりかねません。
その様な事になった場合、追加で損失額補てんを行わなければいけないため、ロスカットルールというものが誕生しました。

初心者に分かりやすくこのロスカットの基準を解説すると、予め“ロスカットレベル”と呼ばれている必要証拠金維持率と呼ばれるものがあり、ロスカットレベルを下回った際に強制施行されます。
このロスカットレベルとはFX口座を開設した際に預け入れ証拠金に対して各業者がパーセンテージを設定しています。
分かりやすい実数で例えれば、10万円を預け入れ額とし、ロスカットレベルを20%だったとします。
すると、FXで8万円の含み損が出た場合、ロスカットが行われる事になります。
このロスカットレベルは各FX業者によって20%であったり30%であったりとパーセンテージは異なっています。

では、このロスカットを回避するためにはどのようにすればよいか?これに関しては2つの方法によって回避する事が可能です。
一つは証拠金のつきあ預け入れを行う。
二つめは建玉の一部を決済する事で注文証拠金を減らし、ロスカットを回避させるという方法です。

如何でしたか?
このロスカットレベルも資産を守るために口座開設をするFX業者を選ぶ喜寿運の一つに役立ててください。